(株)フォートレス
よくあるご質問
ニュース提供
お問い合わせ
パソコン環境
ふるさとレポーター
番組表
新着情報がひと目でわかる
オーシャンTV番組表

床ずれ研究会第3回講演会

NPO法人 床ずれ研究会 第3回講演会

地域介護力アップのための認知症講演会

平成20年11月8日。亀田医療技術専門学校に於いて「NPO法人 床ずれ研究会」による講演会が開催されました。この日の講師の広島県 医療法人紘友会 福山友愛病院副院長、医学博士"末丸修三"先生は、認知症最先端の研究者で、講演は、一般市民向けのわかりやすい内容から、介護現場ですぐに考えなければいけない問題。ドクター向けの専門的な知識まで多岐にわたる内容でした。

認知症は介護する家族の負担も大きく、介護現場でも個々の患者に対して、その症状や程度の変化などに対応しながらケアをしなければならない難しさもあります。

特に高齢化社会と生活習慣病が問題になってきている昨今、認知症患者もこれから益々増えてくることが予想され、社会全体として認知症患者の生活の質をどうするのか?という問題が大きくなってきます。また、我々一般市民も他人事ではなく、身近に認知症と向き合うことが多くなることが予想されます。その時のために、認知症に対する知識や初歩的な対応の注意点などを知っておくことが重要です。

一般市民として必要な知識に触れることができるこういった機会が少しでも多く開催されることが、老人介護の質と量を高めることになると感じました。

なお今回のビデオは、専門的な内容を避け認知症とは何か?といったわかりやすい話を中心に編集いたしました。


【参考資料】
NPO法人 床ずれ研究会HP

CopyRight(c) OceanTv.jp