(株)フォートレス
よくあるご質問
ニュース提供
お問い合わせ
パソコン環境
ふるさとレポーター
番組表
新着情報がひと目でわかる
オーシャンTV番組表

おらが丼

おらが丼基礎知識

商工会内部組織地域振興対策委員会を中心に「食文化研究会」発足

低迷する景気の回復を目指すために、鴨川市は観光と商業の連携を密にした施策が必要であり、特に食関連では個々の飲食店が鋭意努力しているものの、鴨川の名物料理としては、何があるのか。食によるまちおこしに取組む事業展開が出来ないかとの貴重な意見が出されました。実際に飲食店を経営する会員企業の方々に研究会に参加してもらい専門家の立場としての知識とノウハウを披瀝いただくため、食分化研究会を立ち上げ、推進方法等を協議、研究をいたしました。協議を進める中で、問題点も数多くありました。

まず鴨川ならではの名物となれば、イメージとして海の食材は切り離すことは出来ないと言うコンセプトを基本にスタートいたしました。しかしながら事前の意見聴取では、特に魚介類等生鮮品については、消費できれば良いが、現在でもロスが出ないよう仕入に工夫して営業努力をしている。従って新しい商品開発のために不用在庫を抱えることは出来ない等リスク面の意見が多く出されました。
観光客をはじめ地元消費者がいかに魅力を感じ、話題性のある食文化を形成させるかは、食材を統一するか、ネーミングを統一させるか、また、当地に伝わる伝説・物語にちなんだものにする等、鴨川らしさを追求するしかありません。

平成16年5月からスタートした地域振興対策委員会、食文化研究会も14回重ね開催した結果、今現在各店で使用している原材料に地場食材を一部使用して、それぞれの飲食店で独自の商品を創作していただき、「丼のまち鴨川」で推進して行くことに方向付けされました。

CopyRight(c) OceanTv.jp